<< まえばし赤城山ヒルクライム大会に当選! | main | My First ヤビツ(with Twitter的自転車クラスタ)12km >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.07.17 Sunday

    赤城山HC試走#1 グルメ無しで灼熱164km

    0

      筑波山の鳥居より大きい。でも鳥居って、なんでこんな交差点に建ってるのか謎。

       ホントは今日はソロで奥武蔵あたりにでも行って、定峰峠〜白石峠〜GLなどを軽く走って、緑のシャワーを浴びて癒されてこようなどと考えていたのですが、前日の夜に赤ピナさんから「いっしょに走ろうよ」てな内容のEメールをいただいて、それはそれはありがたかったのですが、行き先決めるときになんと『赤城山HC試走』なる地獄のような課題を突きつけられてしまいました。

       HCレースに参加する以上、試走は避けては通れぬ道だ、と考えてはいたのですが、恐らくビビッてどんどん後回しになっていくだろうという確信に近いものを持っていたので、これは良い機会を与えられたのだ、ということで観念してくっついていくことにしました。



      赤城山目指して利根サイを北上



      早速本日のガリガリ君#1 @前橋



      上細井町交差点 ここから50m先がTT測定開始地点


       ボクは今回の赤城山HCレースがレース初体験で、平均斜度6.4%の坂を20.8kmも登り続ける、ということがどれくらいツラくて厳しいものなのか想像もついていませんでした。
       (いや、まてよ…意外と楽だったりすることも考えられるぞ♪…なんて淡い期待は登板を開始して即座に打ち破られましたがw)


       mt.富士HCに出ていれば(ボクはエントリーでミスを犯して出場できなかった)自分の脚がどれくらいのレベルに位置しているのかが分かったのでしょうが、普段からソロ、もしくは数名でのグルメポタ主体のボクは、自分が遅いことは承知していましたが、どのくらい遅いのか?ということが明確ではありませんでした。

       更に、今回が初回である赤城山HCを、何分くらいで走れればよいのか前例もないので、暫定のペース配分設定として、心拍を170bpm前後に保ちながら走ってみることにしました。

       しかし最初の5kmはヒヨって抑えすぎの160、心が折れかけてからのゴールまでは180を軽く超えてしまっていて、ペース配分は完全に失敗。ボクの脆弱な心肺機能がフル回転してgdgd。クレバーなローディとはほど遠いガムシャラライドとなってしまい、結果非常に苦しいライドになりました。

       だって、すぐ後ろで見守ってくれた赤ピナさんに、「今、心拍いくつですか〜?」と訊ねると、「う〜んとね、155!」との回答。「そうですか〜…(ボクは174...orz)」と残念そうに返す。赤ピナさんにはちょくちょく心拍数を聞いて、自分と比較してみたりするんだけど、常に20bpmくらいの開きがあるんだよね。ここらへんが心肺機能の圧倒的な差です。これはもう現段階ではどうしようもないから、長い目で心拍を抑えていければと思っています。
       (結局、後ろで見守ってくれてた赤ピナさんも、ボクの遅さに痺れを切らして千切っていかれたw)

       あとツラかったのはとても暑かったのと、とても距離が長くて心が折れた。6〜9%くらいの斜度であれば所謂激坂ではないでしょうから、一般的にはそれほどキツくは無いのかもしれないのですが、距離が10kmともなると事情が違います。後半戦はスピードも10km/hを割り続けてしまって、もう早く終わってくれ〜…と泣きが入ってしまいました。標高が高くなるにつれ、気温は下がってきたのはありがたかったです。
       (ゴールがあと2kmくらいなってくると逆にハイになってきて、The Birthdayを口ずさむなど異常な心理状態にw)

       約1時間50分(時計で測定したので誤差はありますが)というタイムが今回の試走で獲得したもの。あと得たものといったら、どれくらいキツイのか思い知らされたこと、なんとか脚はつかずに登りきれたこと、なんとか脚は攣らずに走りきれたという事実。タイムなんかよりもこれは大きい。心拍的にはいっぱいいっぱいでしたが、脚は思いのほか残すことができたので、次回の試走&本番は良い感じに使い切ってゴールしたいです。



      ゴール地点(だと思われる)赤城山総合観光案内所
      ちなみにSOFTBANKは圏外ねw



      ゴール前の直線 おそらくスプリントになるだろう



      赤ピナさんのダウンヒル#1



      ダウンヒルも直線が長いからスピードに乗って危険



      赤ピナさんのダウンヒル#2



      下るのはあっという間 鳥居を裏側からくぐります




      本日のガリガリ君#2 @前橋



      本日のガリガリ君#3 @上武大橋



      @行田サイクリングセンター タイヤの色は赤もいいけど、白も捨てがたい…


       そして最後に、拙いながらもコース概要を振り返ってみたいと思います。スタート地点から4〜5kmは斜度が3〜5%。次の5kmくらいは5〜7%。ラストまでが5〜9%。ゴール直前は2〜300m程の緩斜面がありますので、ここがゴール前スプリントになろうかと。灼熱の陽射しを受けすぎて記憶があいまいだったので、とりあえず所見はこれだけ。斜度はちょこちょこチェックしていたのですが、距離はほぼノーチェックでした。ちょっとザックリすぎて、信憑性は自分でも怪しく思いますw

        次回試走に行ったときは、もう少し突き詰めてチェックしてこようと思っています。そんでバーチャル・トレーナーのlogも録ろうかと。

       追伸:赤城山への路上には親指大の毛虫がのさばっていて、避けるのに一苦労でした。9月の本番にはなりを潜めていることを切に願います。よろけたり、踏んで滑って落車とかシャレにならないですしね。あとは踏んだ毛虫が前輪にくっついて回ってきて、ビックリして心拍が上がってしまったら損ですしw
      以 上



      お約束のシルクエビス



      ピンク・グレープフルーツ杯


        ≪今回の走行データ≫
       行  程 利根川CR〜桃の木川CR〜赤城山(折返し)
       走行距離 164.40km
       走行時間 07:29:50

       HC測定 約01:50:00 (#1)
       平均速度 21.93km/h
       最高速度 58.79km/h
       平均回転 ?rpm
      (終始沈黙)
       平均心拍 145bpm
       最高心拍 193bpm
       獲得標高 1387m
       消費熱量 4,804kcal
       消費金額 ¥651
       補  給 スポーツドリンク600ml×2、pepsi NEX500ml、麦茶500ml、C.C.レモン350ml、水約3ℓ
            ガリガリ君×3、カロリーメイト半箱、ゼリー飲料、おにぎり



       
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        >赤ピナさん

        暑い中大変お疲れさまでした!
        登板中は、主にガリガリ君のことを考えていました。
        本番でレース中にガリガリ君を食べる方法を模索したりw
        歌を口ずさんだり、ブツブツ独り言を言ったり、普通の精神状態ではなかったです。明らかに逸脱していましたw
        次回はグルメライドよろしくです!
        >FISHさん

        とにかく暑くて体力を奪われてしまいました。
        HCって苦しいものですね!
        本番の9月は灼熱ではないでしょうが、残暑があるでしょうから、これまた用心ですね!
        ロード暦はたったの1年なので、今後も色々教わりたいのでよろしくです!
        自分で誘っておいてなんですが、昨日は灼熱地獄で死にそうでした。
        赤城HCでは3回も足を着いてしまいました。^^;
        そして毛虫の多さもテンションを下げる原因だったと思います。ホント気持ち悪かった!
        また試走に行く時はもう少し涼しくなってからがいいかもね。
        お疲れ様でした!
        レース未経験ってとても意外です(^^)

        赤城、全く見当もつかないのでとっても参考になります、
        ありがとうございます!
        • FISH
        • 2011.07.18 Monday 16:49
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR