<< 『HOT FUSS』/the KILLERS | main | 4回目の検診 >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2005.11.13 Sunday

    『宇宙戦争』

    0
       スピルバーグとトム・クルーズ。B級とは無縁の当代きっての名監督と人気俳優が組んだ作品なのだが、いったいどうした???クルーズは前作の『コラテラル』も良くなかったし、さらに残念。ダコタ・ファニングは多分初めてスクリーンで観たんだけどなかなか良かったな。叫んでばっかだったけど。ティム・ロビンスはいつもどおり、案外目立たない人です。存在感あるんだかないんだか。

       エイリヤンが襲来してくる時刻、通例なら夜なのだけど、今回は日中でした。1953年作の『宇宙戦争』ではいつだったのだろう?『インディペンデンス・デイ』の朝っぱらから襲来ってのもショッキングでしたね。

       離婚、家族愛、車、とかが伏線のキーワードだったと思うが、中途半端でした。少なくとも娯楽映画ですらない。残念デス。

          2005年
          アメリカ
          114分
          SF
      監督 スティーヴン・スピルバーグ
      出演 トム・クルーズ
          ダコタ・ファニング
          ティム・ロビンス
          ジャスティン・チャットウィン

          評価★★(2.0)
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR