<< セガレの自転車用ヘルメットを新調 | main | ツール・ド・ちば2010の2日目 土砂降り129km >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.10.06 Wednesday

    『MERRYWEATHER POST PAVILION』/ANIMAL COLLECTIVE

    0
       実はANIMAL COLLECTIVE初体験が9thのこの新譜。存在は知っていても、あえて手に取る機会が無かったのだが、このジャケがボクに食指を動かせた。雑誌で見かけて、「このタイプのジャケは多分ハズレが無い」という根拠の無い思い込みが、今回正に的中した。

       初回通して聴いてみた時は、正直言って全11曲が同じ曲に聴こえたw それくらい抑揚の無い仕上がり。ポップネスはあえて控えめだと思われ。インディ・ロック・バンド出身とは思えないほどのダンス基調で、ポストロック的な雰囲気がムンムン。キラ星のような電子音とコーラス・アンサンブルが特に美しい。テクスチュアはコンプがかなりかかってると思われ。それについては決して好みではないが、ミドルが持ち上がっているので聴きやすいのは確か。変拍子の曲が何曲かあるが、不思議と変拍子を匂わせない。ここらへんは考え抜かれたディテールの妙が成せる技だろう。

       メロディに関して言えば、誰でもすぐに口笛を吹けるような即効性は無いものの、ボディブローのように緩行的に効いてくる質の良いものが多い。この緩行性の高いメロディが中毒性を引き起こすというか、そもそもの病み付きの原因であったw

       最近、このアルバムかけている時はニヤニヤが止まらない。去年買ったCDの中で一番良いかも。新鮮味が薄れるからあえてヘビロを避けたくなる1枚であり、飽きる前にその一瞬の感動を閉じ込めておきたくなるような作品である。

      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR