<< KUOTA KEBEL納車 | main | ちょっとした小物類が到着 >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.07.12 Monday

    KUOTA KEBELの詳細

    0
      KUOTA KEBEL


      XSはホリゾンタルではなく、スローピングになっている(涙)



























































       フレーム : KUOTA KEBEL
       コンポーネント : SHIMANO 105 5700系 12-25T 50/34T 165mm
       ハンドル : 3T ERGONOVA PRO 40cm
       ステム : 3T ARX PRO 90mm
       バーテープ : SILVA CORKBARTAPE(WHT)
       ケーブル : CLARKS PRE LUBE ユニバーサルブレーキケーブルキット(シルバー)
       ケーブル : CLARKS PRE LUBE ユニバーサルギアケーブルキット(シルバー) 
       サドル : PROLOGO チョイス マックス

       ホイール : CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA 2−WAY FIT
       タイヤ : MICHELIN PRO3 RACE 700*23c(RED)
       チューブ : SCHWALBE INNNER TUBES 700*18/28



       気に入ってるところ

       ・コンポは黒で統一して正解だったかもしれない。
       
       ・3Tで揃えたハンドルとステム。中心の浮彫が格好良い。

       ・スッキリと収まっているハンドル周り。銀メッシュのワイヤー類が素敵。

       ・足周りは満点に近い。(次からはパナのR−AIRに替えたい)


       気に入らないところ

       ・サドルとハンドルの落差がほぼ皆無。これは宿命。

       ・シートピラーの「KUOTA」のロゴが一部隠れて「KUO」になっている。(反対側は「OTA」になっている)

       ・コラム・スペーサー3.5cm。少々積み過ぎか。

       ・白×赤×黒でまとめ過ぎたか。青を差し色してみるつもりだが、どうだろう。

       ・左右のブレーキの遊びが若干違う。ちょっと気になる。要調整か。



       初めてだったけれど、バラ完って楽しかったです。

       自転車屋さんに教わり、自分でカタログを調べながら、パーツを決めていく。

       初心者なので最初は右も左も全然分かりませんでした。

       何が必要で、どういう素材を使っていて、こういう効果があって、それについてメリット・デメリットがある。

       何が効率が良くて、何が効率が悪いのか。

       何が格好良くて、何が格好悪いのか。

       色んなロード乗りの方のブログも相当参考にさせていただき、やっと組みあがりました。
       (感動もひとしおです)

       あとはもう、乗るまくるしかありません!(そしてローンを返済するのみ!)
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2018.05.21 Monday 21:24
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2018.03.03 Saturday 06:53
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR