<< 本日の酒量 | main | 猫轢いて逃げるな >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2005.09.27 Tuesday

    『ザ・インタープリター』

    0
       やっぱいいねー、ショーン・ペン。『キャスティング・ディレクター』観たときも、『ミスティック・リバー』観たときも思ったけど、彼の演技は非常に自然で、役に入り込んでるのが素人目でも良く分かる。まさに当代きっての名俳優と言えるでしょう。ボクが思うに、彼が最も得意とする演技は「涙ぐむ」コトで、涙ぐませたら彼の右に出るものはいないと思います。本当に悲しい表情をするんです。

       そしてニコール・キッドマン…相変わらずキレイです。でも『ドッグ・ヴィル』の時の方が良かったかな。この映画結構フツウだからフツウのヒロインになっちゃってたけど、彼女はもっとクセのある役の方がかえって映えるような気がした。

       肝心の内容は、一言で言うと「解りづらい」。ストーリーが解らなくて、何回も何回も何回もDVDを巻き戻しました。劇場で観た方はさぞかし混乱された事でしょう。もう少しでいいから丁寧な進行であって欲しかったな。

          2005年
          アメリカ
          118分
          サスペンス
      監督 シドニー・ポラック
      出演 ニコール・キッドマン
          ショーン・ペン
          キャサリン・キーナー
          イヴァン・アタル

          評価★★☆(2.5)
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR