<< 秩父鉄道を端から端までポタ 85km | main | プロテインは必要か、否か? >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.05.05 Wednesday

    『ロードバイク&パーツカタログ2010』

    0

      カタログって、見始めると時間を忘れます。

       ロードバイク購入検討に当たり、今更ですが2010年版のカタログを買ってみました。

       高価な買物をする事前準備として、知識を蓄えていなければいいお買物はできません。

       例えば、自転車のブランドだってかなりの数にのぼります。

       そしてそのブランドが属する国、(伊、仏、米、英、日)

       フレームに使用している素材、(クロモリ、アルミ、チタン、カーボン)

       展開しているグレード、(エントリーモデルからフラッグシップ・モデルまで)

       据付られているコンポーネントやアッセンブル・パーツのメーカー、(シマノ、カンパニョーロ)

       それらの価格帯を中心にお勉強します。

       単純明快な話ですが、お金を出せば出すほどいいバイクは買えます。

       しかし、限りある予算の中で納得できるバイクを探すには、情報を沢山得ることが近道だと思っています。

       それにはとにかくカタログに穴が開くくらい目を通し、買った後のイメトレをしていきたいと思います。
       (カタログを見すぎて、店員さんより詳しいお客さんってたまにいますが、それを目標とします。)
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR