<< デニム生地のエプロン | main | 66XX セカンド・ウォッシュ >>
2017.10.01 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2006.07.15 Saturday

    Denime 66XX TYPE

    0
       裾上げの為に大阪に送られていたボクの66XXが、ついに返ってまいりました。ドゥニームのジーンズを買ったのは学生の時以来、これで二本目になります。







       XXの生地をもって66のシルエットを再現した、この66XX。とにかく生地が厚い。そして色が濃い。これを落とし込むのには相当の忍耐が必要であろう。

       早く育てたいが為に焦って洗濯してはいけない。洗濯の目安を半年ごとと決めておこう。勝手に洗われてしまわないように、妻にも説明をしておかなければならない。


          


       裾はきちんとした縫製でチェーン・ステッチにしてあります。送料を払ってまでやってもらった甲斐があったというものです。

       ショックなのが皮パッチに記してある『W33』。…いつの間にこんなに太っていたのか自分でもわかりませんムニョムニョ

       これから穿きまくって育てようと思ってるワケですが、、、

       …一人前になるまでに何年かかることやら…たらーっ
      2017.10.01 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         


         



        Main Contents
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        profilephoto
        Search this site.
        Recommend
        PR